三井住友海上の車両保険が高いのなら

テレビCMでお馴染み、通販型ダイレクト自動車保険の検討を
imgh2
三井住友海上の自動車保険を代理店で契約し、
車両保険を付けるとどうしても保険料は高くなります。
それは人件費であったり、信用・サービスという面も原因になるでしょう

しかし、ある程度の状況下であれば、
値段が安い通販型のダイレクト保険を検討されてもよいと思います。
通販型自動車保険の一番の不安要素は、あなたに合った保険内容かどうか?
だと思います。

それであれば初年度は、信頼のある代理店で自動車保険を相談すると、
しっかりとした保険内容のプランを組み立ててくれますよね。
初年度は信頼のある代理店で自動車保険を契約します。
そして更新日が近づいてきたらその代理店で契約した保険内容のまま、
通販型ダイレクト保険で見積もりしてください。
そうすると、確実に数万円の値下げが可能です!

kochira 自動車保険は比較で安くなる!

三井住友海上の車両保険が高い理由は?

三井住友海上の自動車保険で車両保険は、なぜ高いのか?
人件費、安心感、信用、サービスがあるから
そこに尽きます。
やはり損害保険大手の三井海上保険ですから、信頼は十分にありますね。
そして、代理店を抱えているので人件費は高くなります。
あと事故対応のサービスなどもやはり安心感はありますよね。

事故受付センターもフリーダイヤルで23時間365日対応。
GKクルマの保険のおクルマQQ隊で、24時間365日現場に駆けつけてくれます。

しかし通販型自動車保険でも事故対応についてはしっかりとしたものも多いです。
そして通販自動車保険が安い理由は、優良ドライバーを限定して契約を受け付けているので、
もともと事故などが少ないので、費用がそこまでかかりません。
だから安いのです。事故対応が悪いから安いのではありません。

もし、あなたが優良ドライバーで、事故暦もそこまでなく、
ゴールド免許保持者であれば、
通販型自動車保険で契約されてもそこまでリスクは高くならないでしょう。

車両保険やさまざまな特約を付けても、通販型自動車保険であれば、
かなり安い見積もり結果になります。
三井住友海上の自動車保険のような代理店と、
通販型ダイレクト自動車保険の料金の差を、
実際に確認するだけでも、十分に意味はあるかと思います。

一括見積で三井住友海上、三井ダイレクトも比較可能!

三井住友海上も三井ダイレクトもMS&ADグループです。
最大22社の自動車保険が比較できます!
22
自動車保険の一括見積は、
上図緑枠の大手の東京海上日動や損保ジャパンも比較できますし、
上図赤枠のMS&ADグループの三井住友海上、
あいおいニッセイ同和損保、三井ダイレクトも比較対象となっています。

三井住友海上でいままで自動車保険を契約している場合、
やはりいきなり他の会社で契約するのは、多少の不安があると思います。

通販型自動車保険であれば、
同じMS&ADグループも三井ダイレクトで見積を取りたいという方も多いと思います。
最大22社の自動車保険会社の商品を一括で見積依頼ができ、さらにその場で比較検討ができるという、とても便利な世の中になりました。

kochira 無料の自動車保険一括見積もりサービス

自動車保険が高い!と感じるときに注意したい項目

そこまでの車両保険の補償が必要ですか?
車両保険には大きくわけて2つのプランがあります。
ほとんどの場合に対し補償される一般車両というものと、
車両保険の補償対象となる事故の範囲を限定すると、かなり車両保険は安くなります。
ほとんどの自動車保険会社にこのプランがあります。
kochira 自動車保険は比較で安くなる!

人身関係の補償は最大に、特約を最低に
自動車保険を検討する場合に、対人対物の補償は充実し、
ご自身やお身内の怪我の補償である人身障害保険、
搭乗者障害関連をおろそかにする場合がありますが、
こちらはあまりケチらない方がよいですね。万が一のことがありますので。

しかし、ちょっとした特約をたくさんつけると、
少しづつ自動車保険料は高くなります。
その特約が本当に必要なのかしっかりと吟味する必要があります。
kochira 一番安い自動車保険がわかる!

スポンサードリンク
コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です